スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎崩れ落ちる巨人(FRB危機)その3

◎崩れ落ちる巨人(FRB危機)その3

~「◎崩れ落ちる巨人(FRB危機)」リンク集はこちら~

1,こじあけられるFRBの秘密(司法編)~補足

昨日もお伝えした「緊急資金供給措置の情報開示裁判」の件ですが、
今夜が上訴期限です。

FRBはこれまで、非開示理由について

「融資を受けた金融機関が情報開示によって競争面で悪影響を被る可能性があるため」
「当該金融機関や、FRBが現在および将来起こり得る危機に効果的に対処する能力に、修復不可能な打撃を与える」


と言っていますが、


サブプライムショック・リーマンショック後の混乱の原因のひとつが、
証券化された商品を「誰がどの程度もっていて、どの程度リスクを負っているのか」が分からなくなったことにあることは明らかです。

情報の非開示が、いわゆるアンサーテンティ(不確実性)の世界に経済を引きずり込んだのであり、
FRBの「経済のために非開示に!」という主張にはおかしさがあるのです。

そこをFRBがどう修正してくるのか(もしくは、修正せずにごり押ししてくるのか)、注目したいです。


2,こじあけられるFRBの秘密(議会編)

さて、司法からも情報公開を求められているFRBですが、
議会からも激しい攻勢がなされています。

アメリカでは現在、
システミックリスクを監視するうえで連邦準備理事会(FRB)の果たす役割について、
激しい議論が繰り広げられていまして、
一部の議員の間では規制当局を統括する評議会により大きな権限をもたせる案に支持が広がっています。

それが下院議員のロン・ポール氏が起草した

「FEDを監査して透明性を高める」ための H.R. 1207

という法案、

別名

「連邦準備制度透明化法」

です。


既に290人が賛成したそうで。
これは下院の3分の2にあたるので法案の通過が確実になりました。


つまり、
バーナンキ率いるFRBが金融システムの安定という大義名分に隠れて、
公的資金を使って無茶苦茶をやっている疑いが強いにもかかわらず、
誰にもその行いをチェックされていないのが問題であるということでしょう。

したがって、議会で法律を変えて、FEDを正式に監査しようという話のようです。


(※参考news映像「Ron Paul: Time to Audit the Fed」)

(※参考「法案の実物」)

---------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
↑現在57位
もしよろしければ、1クリックをよろしくお願いします<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

人気ブログランキングへ
↑現在31位
楽しんでいただけましたらば、1日1票宜しくお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
現在4位!
ありがとうございます!!
スポンサーサイト

テーマ : 安全かつ効果的に資産を運用情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

ランキング
下記ランキングに参加させていただいております。
もし、よろしければ一日一クリックをお願いいたします<(_ _)>
皆さんの応援をお待ちしています。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
プロフィール

ハレる

Author:ハレる
年齢:30歳手前
2002年から相場で口を糊しております。
投資スタイルは、株式・日経225先物・日経225オプションを組み合わせた短~中期トレード。
メインポジション:優位性の追求
ヘッジポジション:最悪の事態回避
という方針で日々相場と向き合っております。

リチャード・デニスやウィリアム・エックハートと、投資スタイルは違うものの同じ信念を共有していると考えています。
その信念とは「優秀なトレーダーは教育によって育成できる」というものです。
その信念に基づき、現在2人の弟子をとり、日々相場や社会構造、ひいては人間のあり方や認識についてまでせっそうなく議論し、共に精進しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
免責事項
当該「ヘッジ研究所」はハレるが運営するブログです。 当ブログに関わる著作権はハレるに属しハレるの許可なく複製・再配信等を行うことはできません。 ハレるは有価証券・株価指数先物・オプションの価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券・株価指数先物・オプションの売買を勧誘するものでもありません。 また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性について。 直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、ハレるは責任を負わず、損害賠償に応じません。 投資・投機等のご判断は、全てご自身の責任においてされますようお願い致します。 ハレるは、皆様に生じた損害につきましては、その責を負いません。
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
メルマガ
「メルマ」様と「まぐまぐ」様にてメルマガもやっております。
※内容はほとんど、ブログと同じです。
メルマガ登録・解除
ヘッジ研究所の「今日の警戒情報」
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
メルマガ購読・解除
ヘッジ研究所の「今日の警戒情報」
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。