FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎ギリシャの何が問題なのか?その3

3,救うしかないEU

(1)救済で築かれた「甘え」の構造
PIIGS救済策がまとまるも、評価はまちまちのようで、株式市場も為替もいまいち安定しませんね。

それもそのはずで、今回の救済策は一時しのぎに過ぎず、根本的にPIIGSの経済競争力を回復させるものではありません。

PIIGSの国家財政は引き続き悪化していて、本来なら痛みを伴う財政改革が必要になります。
が、今回、EUが加盟国すべてを支援すると言明したため、そのような財政規律を守らせることが困難になる可能性がありそうです。

つまり、親であるEUが甘やかした結果、
「財政悪化を放置して今を謳歌してても助けてもらえるや」と子である加盟国が甘える構造が成立してしまったのです。

ですが、それにも関わらずEUはギリシャを始めとするPIIGSを救うしかないと私は考えています。


(2)救うしかない理由
EU・IMFにてギリシャへの融資が決まったり、ドイツで対ギリシャ支援法案が成立したため、
一旦ギリシャは危機から遠のきますが、
どの勢力もギリシャ救済に動かなかった場合、
ギリシャは早ければ5月19日の国債償還時に、
国債の債務不履行(デフォルト)を宣言せざるを得ない状況まで追い込まれていました。

ドイツの野党などは「ギリシャを放置し、ユーロから追い出せ」としきりに言っていましたが。
ギリシャが債務不履行になった後、ユーロを離脱すると、
もちろん、ユーロは使えなくなりますから、旧通貨であるドラクマの発行再開を宣言することになります。
ドラクマにもはやなんの信用力もありませんから、最初から紙くず状態

とすると、ひとつ困ったことが起こります。

ギリシャの債務の大半を占めるユーロやドル建ての債務を紙くず同然のドラクマ建てで換算すると膨大になり、とても返せません。
どこかから資金を引っ張ってこようとドラクマ建ての債券を発行してももちろん積極的に買う者もいず。
金利は高騰して、事態はますます悪くなります。

となると、複雑な資金市場で互いに繋がった欧州の他国も巻き込まれずにはおれず、結果、欧州経済全体に悪影響を及ぼすことになります。

このあたりが、ギリシャを救うしかない理由で、さらにもう一歩進めれば、他のPIIGSも救うしかないという理由かと考えています。


---------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
↑現在156位
もしよろしければ、1クリックをよろしくお願いします<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

人気ブログランキングへ
↑現在41位
楽しんでいただけましたらば、1日1票宜しくお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
↑現在12位!
応援ありがとうございます!!
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング
下記ランキングに参加させていただいております。
もし、よろしければ一日一クリックをお願いいたします<(_ _)>
皆さんの応援をお待ちしています。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
プロフィール

ハレる

Author:ハレる
年齢:30歳手前
2002年から相場で口を糊しております。
投資スタイルは、株式・日経225先物・日経225オプションを組み合わせた短~中期トレード。
メインポジション:優位性の追求
ヘッジポジション:最悪の事態回避
という方針で日々相場と向き合っております。

リチャード・デニスやウィリアム・エックハートと、投資スタイルは違うものの同じ信念を共有していると考えています。
その信念とは「優秀なトレーダーは教育によって育成できる」というものです。
その信念に基づき、現在2人の弟子をとり、日々相場や社会構造、ひいては人間のあり方や認識についてまでせっそうなく議論し、共に精進しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
免責事項
当該「ヘッジ研究所」はハレるが運営するブログです。 当ブログに関わる著作権はハレるに属しハレるの許可なく複製・再配信等を行うことはできません。 ハレるは有価証券・株価指数先物・オプションの価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券・株価指数先物・オプションの売買を勧誘するものでもありません。 また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性について。 直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、ハレるは責任を負わず、損害賠償に応じません。 投資・投機等のご判断は、全てご自身の責任においてされますようお願い致します。 ハレるは、皆様に生じた損害につきましては、その責を負いません。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
メルマガ
「メルマ」様と「まぐまぐ」様にてメルマガもやっております。
※内容はほとんど、ブログと同じです。
メルマガ登録・解除
ヘッジ研究所の「今日の警戒情報」
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
メルマガ購読・解除
ヘッジ研究所の「今日の警戒情報」
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。