スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎今日の警戒情報:6・10☆じりっと下げて年初来安値更新

※警戒度 A:大変危険 B:ほどほどに注意 C:頭の片隅にでも
(特にことわりがなければ、日経225についての警戒情報です)


6月9日
日経平均 9,439.13 ↓98.81
225日中 9,480 ↓50
---------------------------------------------------------------------

【今日の警戒レベル】
↑上昇警戒レベル A
・昨日の日経は盛り上げることもなくじりじりと下げて年初来安値を更新。
 重要な節目を割りましたが、特に悲壮感も投げもなくといった感じでぬるぬると下げていきますな。
 ボラタイルな展開が続いていますので、充分な警戒が必要かと思います。

↓下落警戒レベル A
・昨日の日経はじりじり下げて年初来安値更新。
 日々、安値を切り下げていきますな。
 セリクラらしいものも見られず、不安定な相場が続きます。
 まだまだ、欧州問題も解消の方向に動いておらず、爆弾級のネタがいつ降ってくるか分からない状態です。
 下落への警戒もしておきたい。
 
---------------------------------------------------------------------

【今日の変更点】(内容の変更のみで、日付など些細な変更は含みません)
◎下落警戒要素◎
*** ファンダ ***
・「1,米金融機関の現実と株価のギャップ」文章変更。
・「2,米英国債格付け引き下げ」文章変更。
・「8,PIIGS問題」文章変更。
◎総合考量◎
・「☆総合考量☆」文章変更。
---------------------------------------------------------------------

↑上昇警戒要素↑
*** ファンダ ***
1,日・米の経済対策 B


---------------------------------------------------------------------

↓下落警戒要素↓
*** ファンダ ***

1,米金融機関の現実と株価のギャップ A

バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長は9日、下院予算委員会で証言し、
FRBは銀行に対して従業員のリスクテイクを抑制する報酬体系をできる限り早く導入するよう圧力をかけるとの意向を示した。

(※参考「銀行に報酬体系を改めるよう圧力=米FRB議長」)


2,米英国債格付け引き下げ B 

バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長は9日、下院予算委員会での証言し、景気回復の足取りはしっかりしているようだと述べる一方、
労働市場が2008─09年の景気後退で失われたの打撃から立ち直るには数年かかる可能性があると慎重な見方を示した。

景気回復が、財政政策などに下支えされる状況から民間最終需要が一段と主導する状況へと「重要な移行」を遂げたとの認識を示す一方で、
労働市場がなかなか改善しないことを強調し、FRBが利上げを急いでいないことを示唆した。

(※参考「米FRB議長が前向きな景気認識、雇用情勢はなお懸念」)


米国債相場はほぼ変わらず。一時軟調な展開になったが、10年債入札で需要が好調だったことや株式相場の下落を受けて下げを消した。
この日の10年債入札(銘柄統合、発行額210億ドル)の結果によると、投資家の需要を測る指標の応札倍率は3.24倍と、過去10回の入札の平均(2.95倍)を上回った。
また米連邦準備制度理事会(FRB)が9日発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)では、多くの地区連銀が成長は穏やかなペースだったと指摘したと記された。
これを手掛かりに、債券相場はこの日の安値から値を戻した。

(※参考「米国債:下げ幅埋める、入札好調や株価下落で方向転換(Update1)」)


3,英破綻懸念 B

4,露破綻懸念 C

5,上海懸念 B

6,出口戦略 B

7,FRB破綻懸念 B

8,PIIGS問題 B

ギリシャ統計当局が8日発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は、前期比1.0%減、前年比2.5%減だった。
5月発表の速報値は前期比0.8%減、前年比2.3%減だったため、劇的にではないにしろ、状況は悪くなっていっていることが分かります。

(※参考「第1四半期のギリシャGDP、前期比‐1.0%・前年比‐2.5%」)


国際通貨基金(IMF)の篠原尚之副専務理事は9日、ハンガリーの経済状況についてIMFは懸念していないと述べた。
同副専務理事は、シンガポールで記者団に対し「状況はかなり落ち着いた。現在のところ、あまり心配することはない」と語った。

(※参考「UPDATE1: ハンガリーの経済状況は懸念せず、当局は迅速な行動が必要=IMF副専務理事」)


欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は9日、ブルガリア政府に対し、
2010年の財政赤字見通しを突然拡大させたことに対する説明を要請すると共に、同国の経済指標の質に疑念を持っていることを改めて強調した。

(※参考「再送:欧州委、ブルガリアに10年赤字見通し拡大の説明を要請」)

---------------------------------------------------------------------

☆総合考量☆

1,相場概況

昨日の日経平均は、じりじりっと下げて年初来安値(ザラ場ベース:9395円、終値べース:9459円)を更新しました。

市場はじり下げで危機感が薄いですが、重要節目を次々と割っています。
とりあえず、昨年11月末のドバイ・ショック時の安値(9076円)まで調整してもおかしくないと考えたい。

なんとも上値の重い展開が続きます。

市場は、上げに転じるような強力な材料もなければ、急落するような強力な材料もない状態といえそうです。


オプションについて。
米市場、途中まではえらく堅調だったのですが、引けにかけて結局マイテンしましたね。
VIXは結局ほぼ変わらず。
今日も方向感のない展開となりそうな予感です。


2,イベント面では、計700億ドルの米国債入札に注目!!



---------------------------------------------------------------------

【結論】

欧州の動向次第では暴落も充分起こりうる点には引き続き注意したい。
したがって、ヘッジポジションとしては引き続き、

ロングポジにはオプションを利用した「プットバック」が引き続き有効と思います。
暴落警戒を考えると、ある程度はデルタヘッジをしたほうがよさそうかなと思います。


ショートポジの場合にも「プットバック」が有効かと思います。
こちらも、メインポジの邪魔にならないように、適時デルタヘッジの先物ショートはいれておきたい。


---------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
↑現在139位
もしよろしければ、1クリックをよろしくお願いします<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

人気ブログランキングへ
↑現在66位
楽しんでいただけましたらば、1日1票宜しくお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
↑現在10位!
応援ありがとうございます!!
スポンサーサイト

テーマ : 乗り越える金融危機
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

ハレるさん
こんにちは。

オプションの取引を始めてみたいと思いまして
いろいろなサイトやブログを拝見していましたら
こちらに辿り着きました。

そこで、こちらでご紹介がありました「プットバック」
とはどのような戦略なのでしょうか?
ひょっとしたら、とても初歩的な質問なのかも知れ
ませんが、プットバックで検索しても・・分かりませ
んでした。

もし宜しければ教えて頂けないでしょうか。

ありがとうございます

じゅんさん、コメントありがとうございます。

プットバックとは、「プットのバックスプレッド」の略で、
ATM付近のプット売りと大外付近のプット買いを組み合わせた戦略となります。
(枚数は、ATM付近<大外となります)
通常、全体のポジションとも相談しつつ、先物でデルタヘッジも適時行います。

基本的には原資産の上昇で利益になりやすい戦略ですが、原資産が短期間で1000円近く暴落するような相場では大外のプレミアムが大きく上昇して大きな利益になりうる戦略と認識しています。

具体的な運用については、オプションブログ界の大御所であるACさんのブログ「ボラが微笑むから」< http://blog.livedoor.jp/actok/ > にて詳しく検討されていますので、是非参考にしていただければ、と思います。

これからオプションの取引を始められるのであれば、ACさんのブログは大変参考になるかと思われます。

ありがとうございました。

ハレるさん

ご解説頂きましてありがとうございました。
少しずつ勉強していきたいと思います。

ACさんのブログも拝見しました! っが ・・ とても難しそうで
直ぐには理解が出来なさそうでした・・

なるほど

ACさんのブログは、確かに、高度かつシンプルにまとめてありますので、はじめは難しく感じられるかもしれませんね。

もし、よければ「オプションマスター“ウィザード”への道」< http://blog.goo.ne.jp/stock-master_1981 >さんあたりが、オプションを一から丁寧に解説されているので参考になるかもしれません。

特に「オプション講座」のカテゴリーが秀逸です。
ランキング
下記ランキングに参加させていただいております。
もし、よろしければ一日一クリックをお願いいたします<(_ _)>
皆さんの応援をお待ちしています。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村
プロフィール

ハレる

Author:ハレる
年齢:30歳手前
2002年から相場で口を糊しております。
投資スタイルは、株式・日経225先物・日経225オプションを組み合わせた短~中期トレード。
メインポジション:優位性の追求
ヘッジポジション:最悪の事態回避
という方針で日々相場と向き合っております。

リチャード・デニスやウィリアム・エックハートと、投資スタイルは違うものの同じ信念を共有していると考えています。
その信念とは「優秀なトレーダーは教育によって育成できる」というものです。
その信念に基づき、現在2人の弟子をとり、日々相場や社会構造、ひいては人間のあり方や認識についてまでせっそうなく議論し、共に精進しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
免責事項
当該「ヘッジ研究所」はハレるが運営するブログです。 当ブログに関わる著作権はハレるに属しハレるの許可なく複製・再配信等を行うことはできません。 ハレるは有価証券・株価指数先物・オプションの価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはなく、有価証券・株価指数先物・オプションの売買を勧誘するものでもありません。 また、本文・データなど内容すべてに関する正確性、信頼性、安全性、迅速性について。 直接または間接的に起因する損害や費用などの一切について、その程度を問わず、ハレるは責任を負わず、損害賠償に応じません。 投資・投機等のご判断は、全てご自身の責任においてされますようお願い致します。 ハレるは、皆様に生じた損害につきましては、その責を負いません。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
メルマガ
「メルマ」様と「まぐまぐ」様にてメルマガもやっております。
※内容はほとんど、ブログと同じです。
メルマガ登録・解除
ヘッジ研究所の「今日の警戒情報」
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
メルマガ購読・解除
ヘッジ研究所の「今日の警戒情報」
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。